FC2ブログ

ようやく縮絨

IMGP0559_convert_20200919120425.jpg
少し涼しくなってきたので小さなウールのマフラーをまとめて縮絨しました。カラフルな色合いで柄もの新しい試みでした。自分の中になじむまでに、織り部屋の机の上に重ねて置いて、時々眺め、巻き方をいろいろ試してみたりしていました。キャンデーの包み紙を見るような楽しい気分にもなってきました。

IMGP0563_convert_20200919120445.jpg
糸の太さと撚り加減、縮絨具合、布の風合いと巻き心地を比べて、次のマフラーの糸の紡ぎ方と柄の出し方を、もう一度検討しようと思います。次は見慣れた青と緑系にグレーの諧調を合わせる予定です。
スポンサーサイト



糸も染めました。

IMGP0552_convert_20200919120319.jpg
藍の生葉で糸も染めました。
左がインドのカディ、無媒染の濃淡。絹糸2種類、無媒染と銅媒染でそれぞれ
絹糸は織を始めてすぐやめてしまったという方から、いろいろな糸を頂いたものです。少し太めの精練済みの生糸とベトナムシルクと呼んでいた糸に近い糸(真綿から紡がれたアジアの大らかさの漂うような糸)どう染まるか少しづつ試し染めしています。感謝して使わせていただきます。

カディは染めておいたら少し色が薄くなっていました。もう一度くらい染め重ねたいところ、
藍は場所によっては花芽が出始めました。晴れの日と雨の日が交互に来たら、また葉が大きくなってきそうな場所もあるので、もうひと頑張りしてもらいたいなあと様子を気にしています。

晴れた日の朝の冷え込みがあると、猫たちが居場所がないとにゃあにゃあいうので、こたつそろそろ出そうかという季節になってきました。

もう一度、藍の生葉染め

2020090321391238a.jpeg
100%の葉で染めた後、銅媒染液30℃から80℃までこの間15分ほどで火を止めました。


放冷後湯洗いし、もう一度100%の葉で染めました。

20200903213911913.jpeg
前回よりは渋みの少ない青よりの色となりました。
原毛は一度ドラムカーダーにかけたポロワスです。こうやって少しずつ色合いの違う染まった原毛が増えていくわけです。
白いままの原毛は少なくなっていき、いざ白のまま織りたいと思うと、また原毛を買い足すというループに陥ります。



藍の生葉染め


たで藍の葉がようやく大ききくなってきたので、朝採りしてウールの原毛を染めました。
いつもだと花芽が出てきて染めるのはもう終わりの頃だったと記憶しています。
今年の梅雨はとっても長く、梅雨の間はこの辺りでは太陽の光が弱く涼しいため、藍の成長が遅くいつまでたっても背が低いままでした。梅雨が明けると一転して今度は雨がほとんど降らない暑い日々。背丈もそのまま葉っぱは小さく黄色によっている緑色で藍の色素をたっぷりという感じの青味の緑色とは程遠い感じでした。雨の少ない夏は日陰の方が育つこともあって、毎年日向と日陰の両方で育てていますが、今年は日陰の藍は小さいままでした。
夕立や雨の時間が時々やってくるようになって染められそうな様子になりました。

202009031343254f2.jpeg
毛の200%の葉で染めてこのくらいの色

20200903134329eba.jpeg
今回は銅媒染します。ウールなので熱を加えます。銅と乳酸とフェルト化しないように助剤を入れた液に原毛を浸し、30℃から沸騰まで30分かけて熱して、沸騰状態で30分放冷後湯洗いした後

202009031343278c9.jpeg
毛の100%の葉で染めました。


20200903134637c4d.jpeg
乾燥させ色。思っていた色より渋くなってしましました。葉が余っているので銅媒染の加熱をもう少し弱くしてもう一度やってみます。
原毛はクロスブレットを一度ドラムカードにかけたものです。

今日は夕日


夕日の光が強いです。

積乱雲から彩雲

20200822201228ccf.jpeg



20200822213620d4b.jpeg

畑に水やりしながら雲の変化に目が離せなかった。

梅干し遅れて土用干し


梅干し干しました。
赤紫蘇漬けまだ、まだらな感じですが,今週末には天気が崩れるようなので、
真夏の太陽の強さにあてておこうと思って急遽今日から干すことにしました。

202008191448269b5.jpeg
おいしくなりますように  今年の梅はやわらかめです。

*

赤紫蘇もんで梅干しに

20200815141602dae.jpeg
200gの赤紫蘇の葉を20gの塩でもんで、もんで小さくなりました。
泡のようなあくが出るはずなのにほとんど出ませんでした。

202008151416054af.jpeg
よ~くしぼって、もう一度20gの塩でもみこんで、またよ~くしぼって
梅干しの梅酢100㏄ほどに入れて赤く発色させます。右、左がしぼった液きれいな紫

202008151416041a7.jpeg
発色させたしその葉と梅酢を梅干しのビンに戻しました。梅にも色がついたら干します。
うちでは赤紫蘇の成長待ちしていると、土用干しには間に合いません。いつものことです。

今日の収穫


大きくなってきた赤じそは梅干し用。
小さなナスとピーマンがようやく実ってきました。
島村いんげんとちりめんジソ、ミョウガ花ニラなど。
これから赤じそもみだして梅干しと合わせます。
今年初のしそ巻作ろうかな。

北西の空

昨夜見上げた北東の空、ペルセウス座流星群。
家と山にはばまれて視界は狭い。
あきらめて家に入ろうとして、振り向いた南の空に流れ星!
ふたつばかり見て納得して眠りに落ちる。


今朝は早起き、うろこ雲が空に広がっていた。
北東の空にひまわりとトウモロコシの花。

202008141026038bf.jpeg
西の空にも、うろこ雲。
朝から晴れると日中暑くなった空気も、いったん冷えて、爽やかな夏の朝の空気になる。
今年はそういう日が何回くらいあっただろうか。

朝のうろこ雲

20200814102601ee2.jpeg