いろいろ

IMG_121651_convert_20170816134537.jpg 214733_convert_20170816133846.jpg
いろいろと穫れてます。スマホにずらずらと、撮り貯めているばかりで、、
正方形のトリミングが新鮮で並べてみました。

IMG_214805_convert_20170816140055.jpg
ちょっと前にジャガイモたくさんとれました。8月になる前後だったかと、
雨つづきのなか晴れ間がある時をねらって掘り出しました。
乾いていない土から掘り起したので、土がたくさんまとわりついていました。
しばらくは玄関の土間にころがして、時々晴れたら軒下で風をあてて、
土が乾いたころ土を払いながら極小、小いも、普通に分けながら計量してみました。
男爵6.3kg キタアカリはなんと10.6kgありました。かなりの極小いももあります。
小指や親指の先くらい
小いもはあると以外に便利です。
極小はみそ汁の具にぽいぽいと、3〜5センチくらいのは皮つきで煮っころがしに、
バターで炒めてみりんと砂糖、最近ははちみつで甘めに味付けが好きです。新じゃがの楽しみ。

掘り起す時に充分に注意したにもかかわらず、スコップでざっくり二等分てなことになり
あ〜あ〜と一人がっくり
そういうのも選り分けておいて、早めに食べます。
掘った後の近くを通るたびに、小いも発見ってことも良くありますね。
こういう取り残しが翌年へんなところに芽をだすわけです。

去年はほぼ一人暮らしだったためジャガイモを春先までに食べきれず、
芽が出てきたのがたくさんで、キタアカリは特に多くて
捨てられず、そのまま畑に植えたのがこの多さの原因ですね。
引越す時期はどこになる?とか考えていると何も出来ないので
収穫まで居ないかもしれないけど、とりあえずという気持でしたが、
結局引越しないことになったので、まあ良かったのです。
去年の掘り残しの芋があって、いろんなところに芽が出ていたのも
残しておいたら、芋ついていました。これもプラスして

種芋は違う土地のを蒔いた方がいいと聞いていたので、
種芋はたいてい買っていましたが、うちで穫れたものでも大丈夫なのかな


IMG_132536_convert_20170816133443.jpg

室内でも写真がスマホでなら撮れるようになりました。
毛並みまでしっかり写ってます。


スポンサーサイト

青に輝く白



こう雨つづきだと青空が恋しい!
寒くて薄いカシミアセーター着て織ってます。

白く大きく体を包み込む布

20170802182011033.jpg
201708021820106a2.jpg
綜絖通し中

梅雨がもどってきたような

201708021819529f4.jpg

夕立の虹が見える。
うちは東側に山がせまっていて夕方の虹は見えたことないのです。初めて
この時期、日が沈む方角がだいぶ遠いので見えたのか?

東の空にグレーの雲がスクリーンのように立ち上がった。
もしかしてと外に出たら、霧も上がってきて、なんとも神秘的な景色でした。


梅雨らしい日がつづかないうちに梅雨明けして
梅雨はどこにいったのかと書いたら

こんどは
梅雨明けしたにも関わらず、梅雨のような天気がずっと続いてます。

もう今までの、ある程度予測の出来る天気ではなくなってきていて
過去のカテゴライズからはずれた季節のながれになってきているのかもしれない。

雨が降れば局所的にずっと降り続けて甚大な被害をもたらし
降らないところではまったく降らなくて水不足になるし

人類が自然の中でやってきたことの つけが
巡り巡って人の暮らしをおびやかすようになっている。
これでもまだ改めないの?と迫られているようです。恐いです。。

濡れた土からじゃがいもを掘り起こし
水やりから解放されたと喜べば、
茂り過ぎた草を抜いて風通しを良くすることに追われる。
野菜もその時々で順応してなんとかやってくれるので
ぎりぎりの手助けを感じたら手を入れる。
畑の見回りからはなかなか帰って来れない日々です。

遅植えすぎて芽を出せなかった唐辛子や小豆が今ごろ芽をだしています。
トマトもきゅうりもかぼちゃもズッキーニもたで藍も雨不足で、
なかなか育てなかったのが、ここのところずんずんと葉を大きくして伸びてきました。
きゅうりの花も咲きはじめたのであと少しで実をつけるでしょう。
梅雨っぽい天気のおかげでもあるわけで、ちょっと複雑な思いのする畑風景。
ズッキーニだけ穫れはじめました。

今は晴れてきてみんみんと蝉が鳴いてます。
数日前にはひぐらしのかなかな聞こえてました。
夜は秋の虫の声聞こえはじめました。

IMGP0329_convert_20170803142459.jpg
決まったことのように規則正しく咲く花のすごさ
そして美しいと感じる意味を考えたりします。

IMGP0326_convert_20170803142420.jpg

コースターとランチョンマット


コースター 12.5w×12.5cm
絹/天然染料:コチニール・びわ・ログウッド
  緯糸それぞれ 白:生成
         グレー:待宵草
         ピンクグレー:ログウッド
         紫:ログウッド
         黒:ブラックベリー


IMGP0299_convert_20170722120126.jpg
ランチョンマット 28w×34cm
絹/天然染料:コチニール・びわ・ログウッド
  緯糸 ピンクグレー:ログウッド
     紫:コチニール


IMGP0305_convert_20170722120425.jpg

モニター上でどっちが本当の色に近く見えるのか分りませんので、こちらの写真ものせてみました。
紫は特に微妙な色です。ピンクがかったグレーというのもなかなか難しいですね。
光の加減でだいぶ変わって撮れてしまいます。


これらもポシェットの裏側シリーズ
これは桜という名前のついたポシェットの裏側
面積によって見せ場が変わります。
コースターより大きい分ランチョンマットの余白があるために生きてきたことがありました。

実を言えば元々のおおもとは渋々のランチョンマットを織るために
糸を集めてグループ別にくくっていたのですが、
あまりの渋々ぶりでランチョンマットにしたら売れないのではないかという懸念が沸き、
ポシェット用の布を織ることに変更したのです。
ポシェットの裏側見るたびにやっぱり好きだな〜と思っていました。
先日のまつもとの時にこっちが好きと、なんと同感してくださるお客様がいたのです。
糸も余っていることだし、
この色味の感じでいろいろ組み合わせて織た経験値も上がってるわけだし、
ということで一歩進めてやってみようと思ったわけです。
色の明度と彩度、糸の太細の組み合わせ、大きさのこと組み合わせ次第でいかようにも変化していく
もっともっととおもしろみは尽きません。

コースター

IMGP0279明るめ補正_convert_20170723091520
コースター 12.5w×12.5cm
絹/天然染料:コチニール・ログウッド・びわ
  緯糸それぞれ 紫:ログウッド
         緑:よもぎ
         白:生成


IMGP0293_convert_20170722115607.jpg
ポシェットのクロス模様のない裏側の、地味目の方が好きなんですが
そこの中の良い縞を切り取って小さな面積で遊んでみました。
緯糸の色合によってかなり違って見えてくるたて縞の色味。

今朝は一転、くもり空

昨日の夕方、雷がなって大気が不安定になり、畑の水まきどうするか様子を見ていました。
湿度が上がって雲が集まってきても、雨が降らないという日がつづいていたので、
それからどんどんと雨が降りはじめ、夜にかけて、だいぶまとまった量が降りました。
畑の水まきはようやくお休み。
今朝はくもり空で、霧も上がっています。
梅干しの土用干し3日目でしたが、こちらもお休みです。

ジャガイモは勢いをなくして葉っぱが黄色くなったり茎が倒れたりしていて
そろそろ掘り出そうかと思っていましたが
もう少し置いとくことにしました。

梅雨はどこへ



梅雨の気分をほんの少し味わったと思ったら
梅雨が明けて土用に入りました。
梅干しは1kgだけ漬けていたのでとりあえず土用干ししています。
アカジソはまだまだ小さいので大きくなった地点で赤にするか考えることに

連日の快晴つづきで大物の洗濯や糸洗いなど、どんどん片付く
夕方の畑の水やりが日課になっています。

引越しするかが、あったので種まきがだいぶ遅くなり
いつもより少し縮小と思った畑も、気付けばけっこう広い範囲に種蒔いてました。
遅く蒔いたことと、梅雨の雨の少なさで、小さな苗がひょろひょろと
白っぽく固い土の上で頑張っている姿をみると、毎日水をやらないと可哀想なんです。
気持がつづくまでは付き合おう 早く大きく強くなってくださいよ〜

家人の副業バイトが始まり、3日おきにおにぎりを握るようになる。
せっかくなので5時とか6時に起きるようにして
気持ちの静かな時間に毎日の体操と呼吸法(40分くらい)をしてから
一日が始まるようになりました。

そうしたら、午前中のながいこと
まとまった時間ができ、なんと充実した日々なんだろうとおどろいています。
朝は食べない生活なので本当に半日断食になるようで
内蔵の調子も良いです。
体も元気に十二分に働いて、夜はバタンキューという感じなのです。

夏はいいな〜
日が長いし、なんたって寒くない
早起き生活はいつまでつづけられるのでしょうか、、

余談ですがこの3ヶ月くらいは
古い洗濯機が正常に動くし、アロマオイル用のキャンドルがきちんと最後まで燃えてくれる
(いつもは寒すぎて芯の周りしか溶けなくて、
周りに残ったロウはそのままで芯の周りが穴があいて、火が小さくなって付かなくなってしまうんです)

という過ごしやすい気候のようです。ちっちゃいことですが、おもしろいです。

でがらし玉ねぎの皮染め


濁りのないクリーム色を染めたくて
以前に染めて、でがらしになった玉ねぎの皮を少しずつ貯めていました。
たいてい3回まで煮出したものが、140グラムくらいになりましたのでやってみました。

1〜3回煮出した液を一緒にして、サンプルを3回ほど染めて
糸の5%の染料分(と言ってもあくまででがらしですが、)が、欲しい色のあたりと分りました。
媒染は生みょうばん4%

IMGP0239_convert_20170622191722.jpg
左ふたかせが今回染めた糸で、一番端が欲しかった色です。
比較のために(写真ではあまり分らないかもしれません)
右は通常の玉ねぎの皮染め、となりがマリーゴールド染め、このふたかせはやや濁った色です。

染液がたくさんあるので
ベトナムさらし糸ときびそ糸も何段階かに染め分けて
それでもまだまだ残ってます。

IMGP0238_convert_20170622191611.jpg
最後に残った染液も全て使って
ウールの原毛を染めました。
ポルドーセットとクロスブレット110gづつ

140gのでがらしで、ずいぶん染めでがありました。
これでようやく一段落です。

梅ジュース仕込み


引越があると思っていたので保存食作りをひかえていましたが、、
しばらくは、、ないかなと思い夏を乗り切るのに大事な、梅ジュース仕込みました。
梅2kg 南高梅3L 洗って良く拭いて、竹串でいくつか穴を開けて
この春に高知から長野に戻ってきたハッチー達、良く働いてくれました。
春の花が安定して咲いていたので、まあまあの収集量。
穫れたばかりのはちみつを梅と同量、おしげもなく投入。

IMGP0232_convert_20170622191348.jpg
時々かきまぜて梅を上下させて、はちみつの濃度を均一にします。
1ヶ月ほどしたら飲めます。
たいていは炭酸で割って、畑仕事して一杯。風呂上がりに一杯。
ほってた体がすーっと涼しくなります。

引越のこと

IMG_20170606_174405_convert_20170612114335.jpg

朴の葉があっという間に大きくなっていました。
まだやわらかい大きな葉が、風に揺れてきらきらした光に透けると
夏の日差しの中、山の木々の間を抜けてやってくる、
爽やかな風の感触を思い出します。
また夏がやってきます。


さて1年前から準備をしていました高知県四万十市への引越ですが
諸事情により、いったんやめることになりました。

いろいろな方に引越のことを話したり、相談させていただき、
気に掛けていただいていたのに、
結果的にはお騒がせしただけになってしまって、申し訳ありませんでした。



近い将来いろいろなことを考えると、この場所を離れるようにはなると思うので、
動こうとした気持の持って行き場に困り、
このまま引越先を変えて新たな場所を探して、勢いのまま引越を決行するのか、
時期をもう少し先にして、時間をかけて新しい場所探しをしていくのか、
などなど

それぞれがそれぞれ迷いつつ、
2人の間でもどうするのか話したりして
すっきりしない心持ちの日々がつづきました。

今も保留状態のままで、
引越はまだ継続中といった気持のままです。
また場所探し家探しは、続けていくつもりです。

しばらくは、ここにいます。
また引き続きよろしくお願い致します。



IMG_20170606_174336_convert_20170612114257.jpg

クラフトフェアまつもと終りました。

クラフトフェアまつもと、無事おわりました。
楽しい2日間ありがとうございました!

IMG_20170527_155343_convert_20170529135341.jpg
見上げるとこの景色
大きな木々の下、木陰なので涼しい風が吹いていました。
2日目は肌寒いくらいの風でした。


IMG_20170527_112438_convert_20170529135434.jpg
今回は布の微妙な色合いまで感じていただこうと、白い布で三方向囲んでみました。
日差しに照らされて白い布ではまぶしすぎるかと思い
下半分はベージュがかった布をつなぎあわせて9.5m×1.7mの布を用意して行きました。
木陰のおかげでまぶしいこともなく、ゆっくりと落ち着いて見ていただけたように思います。

IMG_20170528_091729_convert_20170529135534.jpg

風はあいかわらず
強い時もあり台の上に置いた布やバックがコロコロと、、、
2日目夕方は特に風が強く、布が風を受け膨らんでしまうこともあって、
一面はずして二方向の囲いにしてみました。
布が風に吹かれてゆらゆらと、飾った位置から一カ所にたまってしまうけど
まつもとならではだよな〜と、途中からあきらめました。

いつものような日焼けの心配もなく、日差しが動いていくために日陰方向に
布を移動とか自分の居場所を変えていくこともなく
なかなか快適な場所だったのかもしれません。

IMG_20170528_091801_convert_20170529135705.jpg

普段は自前のテントは緑色で、緑の光に影響され、布の色が分りにくかったので
レンタルテントなら白だろうと決めてかかっていたら
白と青のしましまテントでした。
会場のはじっこだし!トイレの近くで、駐輪場のすぐ横だし、、、
くじ運のなさにがっくりきていましたが
結果オーライということで落ち着いてます。

多くの方にブースに立ち寄っていただいたこと
お選び頂いたこと、お話できたこと感謝しております。
楽しいお話、おいしい差し入れ、などなどありがとうございました。

スタッフの方達も
気持よく動けるように、クラフトフェアまつもとならではの
自由度を狭めないようにいろいろ考えてくださり
当日の心配りと働き、いつもありがとうございます。

よれよれで、へとへとですが、また来年応募しようかな〜と思っています。