でがらし玉ねぎの皮染め


濁りのないクリーム色を染めたくて
以前に染めて、でがらしになった玉ねぎの皮を少しずつ貯めていました。
たいてい3回まで煮出したものが、140グラムくらいになりましたのでやってみました。

1〜3回煮出した液を一緒にして、サンプルを3回ほど染めて
糸の5%の染料分(と言ってもあくまででがらしですが、)が、欲しい色のあたりと分りました。
媒染は生みょうばん4%

IMGP0239_convert_20170622191722.jpg
左ふたかせが今回染めた糸で、一番端が欲しかった色です。
比較のために(写真ではあまり分らないかもしれません)
右は通常の玉ねぎの皮染め、となりがマリーゴールド染め、このふたかせはやや濁った色です。

染液がたくさんあるので
ベトナムさらし糸ときびそ糸も何段階かに染め分けて
それでもまだまだ残ってます。

IMGP0238_convert_20170622191611.jpg
最後に残った染液も全て使って
ウールの原毛を染めました。
ポルドーセットとクロスブレット110gづつ

140gのでがらしで、ずいぶん染めでがありました。
これでようやく一段落です。
スポンサーサイト

梅ジュース仕込み


引越があると思っていたので保存食作りをひかえていましたが、、
しばらくは、、ないかなと思い夏を乗り切るのに大事な、梅ジュース仕込みました。
梅2kg 南高梅3L 洗って良く拭いて、竹串でいくつか穴を開けて
この春に高知から長野に戻ってきたハッチー達、良く働いてくれました。
春の花が安定して咲いていたので、まあまあの収集量。
穫れたばかりのはちみつを梅と同量、おしげもなく投入。

IMGP0232_convert_20170622191348.jpg
時々かきまぜて梅を上下させて、はちみつの濃度を均一にします。
1ヶ月ほどしたら飲めます。
たいていは炭酸で割って、畑仕事して一杯。風呂上がりに一杯。
ほってた体がすーっと涼しくなります。

引越のこと

IMG_20170606_174405_convert_20170612114335.jpg

朴の葉があっという間に大きくなっていました。
まだやわらかい大きな葉が、風に揺れてきらきらした光に透けると
夏の日差しの中、山の木々の間を抜けてやってくる、
爽やかな風の感触を思い出します。
また夏がやってきます。


さて1年前から準備をしていました高知県四万十市への引越ですが
諸事情により、いったんやめることになりました。

いろいろな方に引越のことを話したり、相談させていただき、
気に掛けていただいていたのに、
結果的にはお騒がせしただけになってしまって、申し訳ありませんでした。



近い将来いろいろなことを考えると、この場所を離れるようにはなると思うので、
動こうとした気持の持って行き場に困り、
このまま引越先を変えて新たな場所を探して、勢いのまま引越を決行するのか、
時期をもう少し先にして、時間をかけて新しい場所探しをしていくのか、
などなど

それぞれがそれぞれ迷いつつ、
2人の間でもどうするのか話したりして
すっきりしない心持ちの日々がつづきました。

今も保留状態のままで、
引越はまだ継続中といった気持のままです。
また場所探し家探しは、続けていくつもりです。

しばらくは、ここにいます。
また引き続きよろしくお願い致します。



IMG_20170606_174336_convert_20170612114257.jpg

クラフトフェアまつもと終りました。

クラフトフェアまつもと、無事おわりました。
楽しい2日間ありがとうございました!

IMG_20170527_155343_convert_20170529135341.jpg
見上げるとこの景色
大きな木々の下、木陰なので涼しい風が吹いていました。
2日目は肌寒いくらいの風でした。


IMG_20170527_112438_convert_20170529135434.jpg
今回は布の微妙な色合いまで感じていただこうと、白い布で三方向囲んでみました。
日差しに照らされて白い布ではまぶしすぎるかと思い
下半分はベージュがかった布をつなぎあわせて9.5m×1.7mの布を用意して行きました。
木陰のおかげでまぶしいこともなく、ゆっくりと落ち着いて見ていただけたように思います。

IMG_20170528_091729_convert_20170529135534.jpg

風はあいかわらず
強い時もあり台の上に置いた布やバックがコロコロと、、、
2日目夕方は特に風が強く、布が風を受け膨らんでしまうこともあって、
一面はずして二方向の囲いにしてみました。
布が風に吹かれてゆらゆらと、飾った位置から一カ所にたまってしまうけど
まつもとならではだよな〜と、途中からあきらめました。

いつものような日焼けの心配もなく、日差しが動いていくために日陰方向に
布を移動とか自分の居場所を変えていくこともなく
なかなか快適な場所だったのかもしれません。

IMG_20170528_091801_convert_20170529135705.jpg

普段は自前のテントは緑色で、緑の光に影響され、布の色が分りにくかったので
レンタルテントなら白だろうと決めてかかっていたら
白と青のしましまテントでした。
会場のはじっこだし!トイレの近くで、駐輪場のすぐ横だし、、、
くじ運のなさにがっくりきていましたが
結果オーライということで落ち着いてます。

多くの方にブースに立ち寄っていただいたこと
お選び頂いたこと、お話できたこと感謝しております。
楽しいお話、おいしい差し入れ、などなどありがとうございました。

スタッフの方達も
気持よく動けるように、クラフトフェアまつもとならではの
自由度を狭めないようにいろいろ考えてくださり
当日の心配りと働き、いつもありがとうございます。

よれよれで、へとへとですが、また来年応募しようかな〜と思っています。

シルクリネンスクエアショール(窓 2)

IMGP0221_convert_20170525102533.jpg
シルクリネンスクエアショール(窓)F7-3
77w×77cm(ふさ含まず)
絹/天然染料:藍生葉・コチニール・玉ねぎ・よもぎ・アンナット・ログウッド・小臭木・ブラックベリー
リネン
ボタン


IMGP0219_convert_20170525103619.jpg
なんとか仕上げまでできました。
雨だけど写真も撮れて、クラフトフェアに3枚持っていけます。
ボタンとループとひもが四隅に付いていて巻き方にバリエーションが出せます。
是非試してみてください。

クラフトフェアまつもと

今週末はクラフトフェアまつもとです。
さわやかな風が吹いて、
山も萌黄色、木々の芽やら、花やら色合いのバリエーションにおどろかせられます。
時々風に乗っていい匂いがしたりします。
我が家の周りでは藤が咲いてエゾハルゼミが鳴きはじめました。
草もぐんぐんのびて草の息吹に満ちあふれています。

信州は今が一番いい季節。

風に揺れる布ぬのに触れにいらして下さい。
あがたの森でお待ちしておりま〜す。

今年はレンタルテント借りました。
申し込みのころは、住む場所がどこになっているか、どこから出展できるのか分らなかったので、
結局、長野にいますので高遠から車で行く予定です。

レンタルテントゾーンは
門から講堂のあるヒマラヤ杉並木沿いか
ずうっと行ってその奥の円形の一段高くなったところです。
当日の朝くじ引きで場所が決まるので、まだ場所は分りません。

限られた場所なので、いつもよりは探しやすいかと思います。
余裕があれば場所について、ブログに投稿できるもしれないのですが ?どうだろう?


フェアまで、またまた追いこみ中です。
とりあえず織り上げたのでなんとかなりそうなところまできました。
テントの中でどう設営するかは、ショールの仕上げをしながら考えて、
大きな布にミシンかけたり、ドリルで棒に穴開けたりする必要がありそうです。
小さい車なので全部のせられるような備品まわりにしておかないと
と考えることはまだありますね。

散歩ねこ

IMG_20170511_180100_resized_20170511_071557821_convert_20170517134434.jpg
山は萌葱色

IMG_20170511_175019_resized_20170511_071559192_convert_20170517133651.jpg
散歩猫のルーちゃんはとうとう
わらび採りのお供についてきてくれました。

かなりの急登、薮とすぐ脇は水の流れの急な水路がながれているところを越えて


いつもは、きまぐれなので途中まで一緒だけど、
なにかいいもの見付けるとどっかにいっちゃうので
この日は家まで一緒の帰って来ました。

IMG_20170511_180456_resized_20170511_071558554_convert_20170517135038.jpg
今日の成果。

花盛り

IMGP0111_convert_20170507142527.jpg
家の前のタカトオコヒガンザクラがゆっくりと葉桜になり
こんどは花桃とミヤマザクラが咲き始めました。
庭の雪柳の枝が風にゆれ、木瓜の花も可愛らしく咲いています。

IMGP0109_convert_20170507142419.jpg
畑の向こう側のすももの白い花から、いい匂いがふとした時に香ります。
山桜もふわふわとした白萌黄の中に


紅葉もやわらかな葉っぱが広がってきました。

霜注意報はゴールデンウイーク前まで何度かあって
寒い朝の日もありました。
しいたけやアスパラガスもおずおずと顔を出し始めたところ

あったかいっていいなあとしみじみ
暖かさを通り越して暑いと感じる日中は、窓を開けると涼しい風が入ってきます。
風に吹かれながらねっころがって読書。なんとも贅沢です。

今年はカメムシが大発生。夜はガムテ片手に大忙し

パターンを少し変えて


シルクリネンのスクエアショール(窓)をまた織っています。
前回とは少し変えて両開き窓のように
色が立ち上がるところ沈むところを交互にパターン化して
織り込む緯糸を絞り込んだことで、すっきり迷いのない織り進みのはずですが、
やはり時間がかかるのはいなめません。

IMG_104815561_convert_20170503140930.jpg
上の写真の下にもぐりこんで
織り上がった布を巻き込んでいる場所

織り初める前に体をほぐし、呼吸に集中する体操をする時に
ふと横を見たら光の入り方がきれいでした。

ありがとうございました!

ギャラリー昨明の2人展無事終りました。
荷ほどきをすませてようやくおわった気分になりました。

かかわったすべての方に、
良い時間を過ごさせていただいたこと感謝いたします。
ありがとうございました!

ギリギリまで織っていたシルクリネンのスクエアショールは
2枚ともお客様のもとに旅立っていきました。
数年前からずっとイメージがあったまま、なかなか着手できなかったものを
どうにか形がみえてきて、雪かきに追われながら
なんとか織り上げて、今までにない早さで(笑)仕上げて
持って行けたことがひとつ良かったことでしたが
それを認めていただけたことがなにより嬉しいふたつめです。

いつもは採寸して、光の良いときを狙って写真を撮るのですが
今回は写真も撮ることもできないくらいギリギリセーフ状態だったので
残像とサンプルをながめつつ、もう少し、このあたりを追求していこうと
こころあらたに手を動かしています。

窓からは春の日差しの明るさを感じますが、外は冷たい風が吹いています。
ダンコウバイのぱらぱらとした黄色い花が、散歩道の下の方から少しづつ目につくようになってきました。
高遠城址の桜は開花宣言がでたようです。
桜前線もゆっくり上昇してくるでしょう。

ひさしぶりにおやつにバナナケーキを焼きました。
一息入れてまた織り部屋にもどりま〜す。

IMG_20170412_151044_resized_20170412_031338478_convert_20170412154142.jpg
良い色合いに焼けたので変わりに記念撮影(笑)

ちょっとづつ山の春

IMGP0073_convert_20170409093454.jpg
IMG_20170406_105604_convert_20170409141019.jpg IMG_20170406_174624_1_convert_20170409141148.jpg

IMGP0081_convert_20170409091605.jpg
福寿草の群生
人知れず咲いていて、おわりかけにようやく気が付きました。
色がだいぶおわりな感じで残念です。

IMGP0085_convert_20170409091700.jpg
猫は知っていた。

IMGP0071_convert_20170409142237.jpg
また庭のネコヤナギが一足早く咲き始めました。
毎年のことなのに
こんな造形だれが思いつくんだろと
よ〜く見ると不思議さが増すばかり
木にある花のひとつひとつがこんなことになってるなんてすごいことですね。

シルクリネンショール(ふたつ窓)

IMGP0050_convert_20170326203044.jpg
シルクリネンショール(窓)F5-1
29.5w×151cm(ふさ含まず)
絹/天然染料:ログウッド・藍生葉・臭木・コチニール・玉ねぎ・マリーゴールド・よもぎ
リネン


以前織った窓より絹糸の色味の濃いもの、太くて主張する糸、光沢の強い糸などを、
緯糸に選んで窓のカラフルさを意識して織りました。
横に正方形の窓2つ並べて

経糸の色の主張が強いと緯糸に何をいれても(特に紫の方)
たての色味に引っぱられるようで、
全体を見た時に、窓ごとの色のバリエーションを感じづらい。
経糸はもう少し色味の主張があまりないものの方が良かったかな。
リネンの分量を多くしてスリットのような窓の中に
色が見えるというのもやってみようと思います。